日本語・英語・中国語・韓国語 対応可能
HOME > 税務・経理 Q&A > 経営のポイント
会社を作ったばかりです。大切なことは?
まずは売上が最初の試練。
まずは何をおいても、売上を上げること。売上が上がるか上がらないかが最初の試練です。
じつは、ここで挫折する会社が非常に多いのです。
経営的には事業計画を作成し、それをチェック、見直しするシステムを作ることが大事です。
事業計画はどうやって作る?
自分の思いや、やりたいことを文章化してみてください。
売上や利益など、数字目標を挙げるだけなら誰でもできます。
最初にやるべきことは、自分の思いややりたいことなどきちんと見つめ直すこと。
そこを明確にした上で、思いを実現するために必要な数字を算出し、そこにたどり着くまでの過程を文章化してみましょう。
業績が頭打ちに…。どうすればいい?
「事業計画はどうやって作る?」の作業をやり直すことです。。
答えは単純です。もう一度、自分の思いややりたかったことを文章化してみましょう。
原点に返ることが大事です。
会社を長く続けるコツは?
黒字を続けることです。
ズバリ黒字を続けることだと思います。
中小企業の最大の弱点は経営基盤が弱く、環境の変化に流されやすいことです。
経営基盤が弱いと、どんなに儲けていても5年もあればすぐに倒産してしまいます。
赤字が続いています。どこから手をつければいい?
まずは現状を正確に把握すること。
やることはたくさんありますが、まずは数字をきちんと整理すること。
現状を正確に把握することが大切です。
借入金の適正額ってある?
一般的には売上の3~4ヶ月分と言われます。
銀行の方がよく言うのは、一般的に売上の3~4ヶ月分。
ただし、ケースによっても異なります。
会社を作ったばかりで融資を受けたいのだが?
2種類の融資が受けられます。
保証協会を通した融資と、国民生活金融公庫との、2つで融資を受けられます。
| HOME | 法人案内 | 代表税理士紹介 | 料金内容 | ご契約までの流れ | 税務・経理Q&A | お問い合わせ |
| 遠隔地でもWEB顧問で安心サポート | 顧問料を安くしたい方…記帳代行月々8,800円から | 海外進出したい方 | サイトマップ |